家出調査は東京の家出人捜索ネットワークにお任せください。

特定非営利活動法人(NPO

家出調査は家出人捜索ネットワーク

105-0001

東京都港区虎ノ門3丁目11-8山田ビル2階

秘密厳守・相談無料

お気軽にお問合せください

お問合せご相談は

03-4400-2221

統計資料

行方不明と家出の統計

◆平成24年中における行方不明者の状況(警察庁生活安全企画課発表)参照

警察に「捜索願」が提出された平成24年度の行方不明者・家出人の数は81,111人と発表されています。また、不幸にも死亡で確認された方も毎年約5000人(平成24年度は4906人)前後を推移しており大きな問題となっています。

この数字はあくまで警察に「捜索願」が出された方の数であり、様々な理由で「捜索願」が出されなかった方の数もや「プチ家出」といった短期間の家出や、異性関係など公にしにくいため捜索願を出していない事例も膨大な数に上るのを入れると、その実数は10万人を遥かに超えると考えられています。

一方、不幸にも事件に巻き込まれたケースも最近多発しています。時間が経てば経つほど事態はさらに深刻なものになります。

家出人行方不明者の中でも、特に犯罪に巻き込まれたり自殺したりするおそれ等がある「特異行方不明者/家出人」の数は年々増加しています。

性別では、男性が52,187人で、全体の64.3%。女性が28,924人で35.7%となっており、原因としては、「家庭関係」が17,863人で全体の22.0%を占め、次いで「疾病関係」(15,397人、19.0%)、その中で高齢者に多い認知症が(9,607人と全体の11.8%)、「事業・職業関係」(8,624人、10.6%)、「学業関係」(2,343人、2.9%)、「異性関係」(2,008人、2.6%)の順となっています。

年齢別の家出・行方不明者では、10歳代が19,300人で、全体の23.8%。次いで70歳以上(14,228人、17.5%)、20歳代(13,856人、17.1%)、30歳代(10,980人、13.5%)の順。成人・少年別では、成人が60,811人で全体の75.0%となっています。 

家出は必ず原因があります。また、特異家出人(行方不明者)の数を考えると犯罪や命にかかわる問題も多くあります。私たち「家出人捜索ネットワーク」は専門の捜索機関としてご家族の安心と幸せの為に活動しております。

隠された事情に配慮した捜索が必要

家出失踪、行方不明の問題は深刻な事情が隠されていることが多く、多くの面にわたって注意を払って調査をしなければなりません。もちろん、家族や親族のお気持ちを大切にすることはもちろん、家出失踪、行方不明者の人権も、最大限の配慮をして捜索を行っています。

お問合せはこちら

家出調査・所在・安否確認のご相談は

03-4400-2221

受付時間:10:00~19:00(休日除く)

早期解決が第一です

取り返しのつかない事になる前に、どのような小さな悩み相談でも結構です。ご連絡お待ちしております。

行方不明の統計資料

お問合せはこちら

お気軽にお電話ください

NPO非営利活動法人
家出人捜索ネットワーク

03-4400-2221

info@search.or.jp

<事務局所在地>
東京都虎ノ門3丁目11-8
       山田ビル2階

監督官庁 東京都

  • 行方不明者の捜索
  • 青少年の家出非行防止
  • 地域安全の活動
  • 高齢者の安否確認
  • 災害支援ネットワーク

家出人捜索ネットワークが、NPO法人として責任を持って行います。

配偶者の家出調査
  • 安否確認と保護
  • 夫・妻の家出調査
  • 家出の原因把握と対策
    1. 金銭問題の有無
    2. 交友関係の把握
    3. 異性関係の調査
  • 新居住先の確認
  • 生活状況の実態
子供の家出調査
  • 交友関係の実態の把握と素行調査
  • 家出の捜索と保護
  • 青少年の犯罪被害等からの保護
恋人・友人の所在調査
  • 急に所在が不明・音信不通になった知人等の新しい住所の調査
高齢者の家出調査
  • 失踪時の保護・捜索
  • 安否確認
家出の各種統計資料

事件に巻き込まれる事なども少なくありませんので、素早い対応が求められています。

サポーター募集中

NPO家出人捜索ネットワークでは、事業に賛同して頂ける方や協力して頂ける方を幅広く募っています。

内閣府NPO案内